風水家相無料方位学で風水家相間取りを診断

当サイトでは、風水家相の無料情報をお客様にお知らせ致します。

お勧めの風水家相情報はこちら

風水は、古代中国において発祥した、都市、住居、建物、墓などの位置を決めるために使われてきた学問です。
そして、風水では生きている人の生活空間である都市や住居を陽宅と呼び、死者を祀るための施設である墓を陰宅と呼んでいます。

風水は大別すると、形法風水と理気風水に分類されます。
形法風水は、土地の気の勢い・流れとその質を地形や地理的位置関係などの目に見える有形の要素で判断する方法である。
理気風水は、陰陽五行や方位学など目に見えない要素で判断する方法である。

形法風水では、大地における気の流れ(龍脈)を重視し、気の流れがスムーズで、運ばれてきた気が充満しているような土地に都市や住宅を造るとしています。
そうすることで、その地方や一家に優秀な人材が生み出され、冨を呼ぶと考えたのです。
墓でも同じであり、祖先の祀られている場所が子孫の生活に影響を与えるとして、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えられています。

理気風水では、陰陽五行と方位の吉凶関係を重視しており、個人個人の生年月日時間によって決定される方位の吉凶に基づいて住居や墓の位、間取りの配置などを決める考え方です。

結果的に、風水と家相の考え方を間取り診断の中に取り入れると、当然大きな制約を与えることとなりますから、細かく考えるとなかなか決まらなくなってしまいます。

風水と家相を知ることは、とても大切なことですが、住まいを作る上で重要度の高いことはどれなのかをはっきりと知る必要があると思います。

☆☆☆風水家相上これが重要なポイント☆☆☆

1 使いやすく、住みやすい家
まずは、住む人の使い勝手が最も優先されます。
風水家相にこりすぎて、使いにくくなっては元も子もありません。

2 明るく、三つの流れがスムーズな家
思索を巡らす部屋、冷暗所として使うべき部屋、眠る場所などを除き、家はできるだけ明るくしましょう。幸運は明るい家にやって来るのです。
そして、三つの流れ:空気の流れ、人間の動線、気の流れをせき止めないようにスムーズにしてあげましょう。

3 風水家相上、重大な欠陥がないこと
(1)火気を使う場所、汚水を流す場所は、風水家相上の重大なダメージポイントになります。
キッチンのコンロ・レンジ・シンク、風呂のバスタブ、トイレの便器・手洗いなどは、凶方位を避けるべきです。

(2)鬼門・裏鬼門に欠けがないこと。
鬼門:東北方位と裏鬼門:南西方位に、欠けを作らないようにしましょう。
もしも、欠けのある家ならば、欠けを補う風水家相上の処置を施せば大丈夫です。

こちらが当サイトお勧めの風水家相情報

[PR]
by col_usuhi | 2007-04-02 19:20 | 風水家相方位
風水家相無料方位学風水家相間取... >>